EXIN認定 実践で学ぶ 情報セキュリティマネジメント・ファンデーション(Based on ISO/IEC27002) | ePlugOne

デジタル時代のサービスマネジメント

Courses

EXIN認定 実践で学ぶ 情報セキュリティマネジメント・ファンデーション(Based on ISO/IEC27002)

(コースコード EPO9014)

対象者
・ISO/IEC27001認証取得をしようとしている企業の方
・ISO/IEC27001認証取得をされている企業で、ISO/IEC27001の範囲で業務をされているスタッフやエンジニアの方
・内部監査をする方で、ISO/IEC27001の情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)及びISO/IEC27002の管理策の概要を知りたい方

※本講座は、所属企業でのISO/IEC27001認証取得の有無は関係ありません。
※本講座は、ISO/IEC27001認証取得を目指している企業の方ではなくても、ISO/IEC27001をベースとした情報セキュリティマネジメントの実践方法を学ぶことで、情報セキュリティを組織に適用する方法を学ぶことができます。もちろん、ISO/IEC27001認証取得を目指している企業の方は、認証取得のためのISO/IEC27001やISO/IEC27002国際規格の理解ができますので、認証取得のための基礎知識を習得できます。

コースの特長

_____________________

【お知らせ】

2018/4/1以降のコースより再試験の規定を変更いたします。

変更内容は下記の通りです。

受講後1年以内、再受験1回分が無料です。
2回目以降の再受験費用は26,000円(税抜)です。

(コース価格に変更はございません。)

_____________________

・ISO/IEC27001国際規格をどのように組織に適用し情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)のPDCAサイクルを実践するのか手法を習得できます。

・情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)といったマネジメント基盤を実装するための基礎を習得できます。

・ISO/IEC27000 をベースとした用語やISO/IEC27001のプロセスに関する基礎知識を習得できます。

・PMP® 継続認定プログラムの要件として、14PDU を申請取得できます。

・1名様から開催確定します。

 

コースに関するA4カタログはこちら(ダウンロード・印刷も可能です)

厚生労働省の人材開発支援助成金もご案内しております。詳しくは資料をご覧ください。

期待される効果
・情報セキュリティマネジメントを組織に適用する方法を習得する
・情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)とセキュリティ管理策の基礎知識を習得する
・EXIN 情報セキュリティファンデーション資格取得レベルの知識を習得する
期間
2日間(9:30~18:00)
会場:四谷(ePlugOne 東京グロースセンタ)
価格
78,000円(税抜、受講者お一人の料金)
コース受講料と、ISO/IEC27002 情報セキュリティファンデーション認定試験の受験料を含みます。
開催日
お問い合わせください
前提条件
前提知識は必要ではありません。 IT の業務経験やITIL®の知識があった方が理解しやすいですが、必須ではありません。
トレーニング形式
講義+試験対策+EXIN 情報セキュリティファンデーション認定試験
試験について
EXIN 情報セキュリティファンデーション(ISO/IEC27002準拠)認定試験を受験できます
60分間、4択問題が40問、資料持ち込みは不可、合格点は40点中26点(65%)以上
カリキュラム詳細

1日目

-情報セキュリティ概要説明

-ISO/IEC27000, ISO/IEC27001, ISO/IEC27002国際規格の概要

-情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)

-セキュリティリスク(資産、脅威、脆弱性)

-情報セキュリティ基本方針

-セキュリティインシデントの管理

2日目

-物理的セキュリティ対策

-技術的セキュリティ対策

-組織的セキュリティ対策

-法律と規制 -試験対策/模擬試験

-認定試験

ITSM認定資格とISO/IEC20000実践手法の
ほかのコースを見る


ページのトップへ