EXIN認定 クラウドコンピューティング・ファンデーション | ePlugOne

デジタル時代のサービスマネジメント

Courses

EXIN認定 クラウドコンピューティング・ファンデーション

(コースコード EPO9015)

対象者
クラウドコンピューティング・ファンデーションは、クラウドコンピューティングをベースとしたサービスの提供者および利用者の両方に必要な知識を学ぶことができるため、クラウドに興味を持っている人すべてを対象としています。具体的な役割には次のものが含まれます。

・組織内およびIT部門のスタッフ
・サービス事業者のマネージャ(営業、IT 、調達、財務 など)
・IT専門職 (アドミニストレータ、サービスマネージャ)
・サービス設計者
・ITアーキテクト/計画立案者
・ITコンサルタント
・IT監査マネージャ/監査員
・ITセキュリティマネージャ/責任者
・プロジェクト/プログラムマネージャ
・サプライヤのマネージャやスタッフ

コースの特長

_____________________

【お知らせ】

2018/4/1以降のコースより再試験の規定を変更いたします。

変更内容は下記の通りです。

受講後1年以内、再受験1回分が無料です。
2回目以降の再受験費用は26,000円(税抜)です。

(コース価格に変更はございません。)

_____________________

クラウドコンピューティングはもはや特別なものではなく、一般的なものとなっています。クラウドコンピューティングに伴う変化に対応できるようにするには、クラウドコンピューティングに関する基本的かつ最も重要な技術知識とマネジメント面の知識を身に付けることが不可欠です。クラウドコンピューティング・ファンデーションは、クラウドコンピューティングをベースとしたサービスの提供者および利用者の両方に必要な知識を学ぶことができます。

具体的には、以下のような内容を学ぶことができます。

・クラウドコンピューティングの特性、メリット・デメリット
・サービスレベルアグリーメント(SLA)やコストの管理方法や検討事項
・クラウドサービスに関連するセキュリティやプライバシーなどのリスクの管理
・クラウドコンピューティングがもたらす変化は技術面だけでなくマネジメント面も大きいことがわかります。クラウドコンピューティングの特性に合わせたITサービスマネジメントや IT ガバナンスについてのトピックも取り上げます

 

コースに関するA4カタログはこちら(ダウンロード・印刷も可能です)

厚生労働省の人材開発支援助成金もご案内しております。詳しくは資料をご覧ください。

期待される効果
・クラウドコンピューティングの基礎知識を理解する
・EXIN認定 Cloud Computingファンデーション資格取得レベルの知識を習得する
期間
2日間(9:30〜18:00)
会場:四谷(ePlugOne 東京グロースセンタ)
価格
78,000円(税抜、受講者お一人の料金)
開催日
お問い合わせください
前提条件
特にありません。
トレーニング形式
EXIN認定 クラウドコンピューティング・ファンデーション認定試験(日本語)を受験できます
60分間、4択問題が40問、資料持ち込みは不可、合格点は40点中26点(65%)以上
試験について
EXIN認定 クラウドコンピューティング・ファンデーション認定試験(日本語)を受験できます
カリキュラム詳細

1日目

1 クラウドコンピューティング・ファンデーションの概要
 1.1. コースの概要

2 クラウドコンピューティングの原則
 2.1. クラウドコンピューティングの概念
 2.2. クラウドコンピューティングの進歩
 2.3. クラウドコンピューティングのアーキテクチャ
 2.4. クラウドコンピューティングの推進要因と制約

3 クラウドコンピューティングの導入と管理
 3.1. ローカル・クラウド環境の構築
 3.2. クラウドサービスの管理

4 クラウドの使用
 4.1. クラウドへのアクセス
 4.2. クラウドとビジネスプロセス
 4.3. サービスプロバイダとクラウド

2日目

5 セキュリティとコンプライアンス
 5.1. セキュリティ・リスクと軽減
 5.2. IDとプライバシーの管理

6 クラウドコンピューティングの評価
 6.1. ビジネスケース
 6.2. 導入の評価

-試験対策/模擬試験

-試験

組織のITガバナンスとコントロールの仕組みの
ほかのコースを見る


ページのトップへ