EXIN認定 アジャイルスクラムファンデーション(14PDU) | ePlugOne

デジタル時代のサービスマネジメント

Courses

EXIN認定 アジャイルスクラムファンデーション(14PDU)

(コースコード EPO9024)

対象者
これからスクラムを学ぶ方、ウォーターフォール型プロジェクトからスクラムへの移行を考えている方には最適です。
ソフトウェア開発に限らず、次の分野で働く方に適しています。
• プロジェクトマネジメント
• ソフトウェア開発
• IT サービスマネジメント
• ビジネスマネジメント

コースの特長

スクラムは、従来型のウォーターフォール型プロジェクトの問題点を解決するソフトウェア開発フレームワークです。ウォーターフォールの問題点とは、完成までの期間が長く予測できないリスクが多く含まれ、成功率や満足度が低いという点です。スクラムはソフトウェア開発に止まらず、ITサービスマネジメントや、IT以外の領域にも適用できます。
本コースには以下の特長があります。
・スクラムガイドに沿った、スクラムのフレームワークや技法を一から学びます。スクラム初心者でも安心です。
・アジャイル・スクラムの良さを活かすために必要なポイントや注意点も理解できます。
・試験対策にとどまらず、演習を含んで実践的に学びます。
・ITSS+アジャイル領域の必須スキルの一つとして役立ちます。
・PMP® 継続認定プログラムの要件として、14PDUを申請取得できます。
・1名様から開催確定します。

 

コースに関するA4カタログはこちら(ダウンロード・印刷も可能です)

期待される効果
・ウォーターフォール型の開発手法からスクラムに移行することができる
・スクラムを実践するときに必要な最低限の知識を身につけることができる
・EXIN 認定 アジャイルスクラムファンデーション資格取得レベルの知識を習得する
期間
集合研修:2日間(最終日に試験を実施します)
集合研修は9:30〜18:00です
会場 :四谷(ePlugOne 東京グロースセンタ)
価格
120,000円
(税抜、受講者お一人の料金)
コース受講料と、EXIN認定 アジャイルスクラムファンデーション試験の受験料を含みます。
受講後1年以内、再受験1回分が無料です。
2回目以降の再受験費用は26,000円(税抜)です。
開催日
2019/10/31-11/1、2019/12/16-17、2020/1/30-31、2020/3/18-19 のいずれか
前提条件
特にありません。ソフトウェア開発プロジェクトの経験があった⽅が理解しやすいですが、必須ではありません。
トレーニング形式
講義、演習、試験対策、試験
1開催あたりの受講者様の人数:1名から10名まで
試験について
集合研修終了後にEXIN アジャイルファンデーション認定試験を受験します。
60分間、4択問題が39問、資料持ち込みは不可、合格点は39点中25点(65%)以上
カリキュラム詳細

1日目

– アジャイルスクラム・ファンデーションの概要
– アジャイルのコンセプト
– スクラムのフレームワーク(役割、イベント、作成物)
– スクラムの計画づくりと見積もり方法

2日目

– スクラムのモニタリング
– 大規模な環境におけるスクラム
– カルチャの課題などスクラムを実践する際のポイント
– 試験準備
– EXIN アジャイルスクラムファンデーション試験(60 分)

組織のITガバナンスとコントロールの仕組みの
ほかのコースを見る


ページのトップへ