DX

【オンライン研修】EXIN認定
DevOpsプロフェッショナル(14PDU)

(コースコード EPO9025OL)

対象者

  • DevOps環境で働く方。
  • DevOpsへの移行を検討している組織で働くすべての方。
  • 対象者には以下の役割が含まれますが、以下のみに限定するものではありません。
  • ソフトウェア開発者およびウェブサイト開発者
  • システムエンジニア
  • DevOpsエンジニア
  • プロダクト・オーナーおよびサービス・オーナー
  • プロジェクトマネジャー
  • テストエンジニア
  • ITサービスマネジメントの運用スタッフおよび支援スタッフ
  • プロセスマネジャー
  • リーンITプロフェッショナル
  • アジャイルスクラムプラクティショナー

Features

本研修は有償のオンライン研修です。

ビジネスの競争優位を得るために、市場投入までの速さとサービスレベルの高さが求められ、ビジネスの仮説検証を素早く繰り返すことが必要となっています。ITもそのような変化に対応しなければなりません。その変化に対するリスクを低くするために、ツールとカルチャを適用する。それがDevOpsの基本原則です。
個人の超人的な活躍に依存し、緊急対応が慢性化している組織は、DevOpsの原則を適用すれば解決に近付くでしょう。
DevOpsはソフトウェアサービスの分野で最もよく知られていますが、DevOpsの原理は、信頼できる製品やサービスの迅速なデリバリに関わる全ての分野に適用することが可能です。
DevOpsは、継続的デリバリのパイプラインでセキュリティ保証とコントロール維持をしながら、アジャイル開発、サービスマネジメントおよびリーン改善の共同作用を促進することによって、組織全体の成功に貢献します。

本研修の特長

  • 本研修は正式な認定教育として認定されている研修プログラムです。
  • 本コースはPMP® 継続認定プログラムの要件として、14PDU を申請取得できます。(本研修は、PMP®受験資格とはなりませんのでご注意ください)
  • 本研修は試験付きです。詳細は「試験について」をご覧ください。
  • 1名様から開催確定します。

本研修に参加すると、以下のことが学習、習得できます。

  • DevOpsへの移行のアプローチを習得できます。
  • EXIN DevOpsプロフェッショナル認定資格取得レベルの知識を習得できます。
  • EXIN DevOpsプロフェッショナル認定資格を取得できます。

オンライン研修の特徴

  • 研修は全編オンライン上で行います。PCとインターネット環境があればご自宅やオフィスからご参加いただけます。
  • 講義はリアルタイムで認定講師により行います。質問にもその場でお答えします。
  • 教材は事前にレターパックライトにてお申し込みフォームにご記入いただいた住所へお届けいたします。お申し込み時の住所は教材送付先を指定してください。また送付先に変更がある場合はサービスデスク(servicedesk@eplugone.com)までご連絡ください。

参加に必要なシステム要件や環境設定などの詳細は、本ページの中ほどおよび下部にあるオンライン研修ガイドをご覧ください。

期間 オンライン研修:2日間
研修時間:9:30〜18:00
価格 120,000円
(税抜、受講者お一人の料金)
コース受講料と、EXIN DevOpsプロフェッショナル認定試験の受験料を含みます。
再受験の費用は26,000円(税抜)です。
開催日 2021/3/25-26
前提条件
  • ITの基礎知識があることが必須です。
  • ITサービスマネジメント、アジャイルソフトウェア開発、リーンなどについてあらかじめ知識を得ておくことをお勧めしますが、必須ではありません。
トレーニング形式 オンラインでの講義、試験対策。試験は後日受験します。
1開催あたりの受講者様の人数:1名から20名まで
試験について
  • 本研修はDevOpsプロフェッショナル認定試験を含みます。
  • 試験は「オンライン試験(英語の試験監督)」か「弊社(四谷(東京都))で受験」から選択できます。どちらでも試験の内容は変わりません。
  • 試験は研修とは別日程で受験します。試験の詳しい情報は試験ガイドをご参照ください。受験方法や日程のご希望は研修コース中に講師より説明します。
  • 試験の形式は、90分間、多肢選択問題40問、資料持ち込みは不可、合格点は40点中65%以上
カリキュラム詳細
  1. DevOpsの基本概念
    • DevOpsと何か
    • 継続的デリバリー
    • SoRとSoE
    • 3つの道の原則
  2. 第1の道:フローの原則
    • フローの原則の概要
    • デプロイパイプラインの基礎の構築
    • 自動テスト
    • 継続的インテグレーション
    • ローリスクリリース

    フローの改善の実践方法として、デプロイパイプライン、オンデマンドでの環境構築、Infrastructure as Code、自動テスト、テスト駆動開発、継続的インテグレーション、トランクベースの開発、ローリスクリリースのパターンなどを説明します。

  3. 第2の道:フィードバックの原則
    • フィードバックの原則の概要
    • 遠隔測定(テレメトリ)
    • フィードバック
    • レビューと調整によって品質を上げる

    フィードバックの実践方法として、遠隔測定(テレメトリ)、自動テスト、仮説駆動開発とA/Bテスト、LRRとHRR、プルリクエストプロセス、ピアレビューなどを、事例を交えて説明します。

  4. 第3の道:継続的な実験と失敗からの学習
    • 継続的な学習と実験の原則の概要
    • 学習
    • 発見(Discovery)

    学習と発見の実践方法として、ゲームデイ(復旧リハーサル)、非難なしのポストモーテム、運用に優しい設計などを、事例を交えて説明します。

  5. 情報セキュリティと変更管理
    • 情報セキュリティと変更管理の概要
    • 情報セキュリティ
    • 変更管理

    DevOps の原則を実現する上での障壁の一つとして、情報セキュリティや変更管理の懸念や反対があります。これらをどのようにDevOpsに合わせていくのかを、事例も交えて説明します。

  6. DevOpsの組織
    • バリューストリームを支える組織
    • 変革のための取り組み

    DevOpsに合った組織形態や、既存のIT開発やIT運用からの変革について説明します。

認定試験は研修終了後に別日程で受験します。

※カリキュラム全体の内容は変わりませんが、順序など詳細は変更となる場合があります。

DXのコース一覧